【GT SPORT】最新ビルドにてピットアニメーションが判明。メカニカルダメージも実装

0 Posted by - 2017年7月4日 - Racing

6月29日から7月2日までイギリスで開催された自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル」。そのイベント内でプレイアブルとして、今年の秋の発売に向けて最終段階に突入しているPlayStation 4専用ドライビングシミュレータ「グランツーリスモSPORT」の最新ビルドが展示されていました。この中で今まで明らかになっていなかった、タイヤ交換、燃料給油のピットのアニメーションなどの詳細が明らかになりました。

ピットレーンに入ると視点がTVビューになって、プレイヤーのマシンの周りをピットクルーが囲み、作業内容の決定を待っています。ここで選択できる項目は「タイヤ交換・コンパウンド変更」、「給油」、「修理」となっています。

映像ではタイヤを決めるとすぐさまタイヤ交換のアニメーションに切り替わり、プレイヤーには修理項目の選択を迫ります。修理項目は「エンジン」、「サスペンション」、「エアロパーツ」の三項目です。GT SPORTは、今のところは外見上の損傷表現は少ないです(擦り傷と軽い凹み)。メカニカルダメージはGT SPORTは初めての実装になります。これはeSports要素として追加ものでしょう。実際にこれらを選択するとアニメーションに変化があるのかは今のところ確認はとれていないです。

eSportsとして観客が観戦する点でより興味関心を引きつけるために「ピットロード走行を含めた全体の時間」と「ピット作業だけの時間」がカウントされています。つまり、プレイヤーがどれだけ素早い作業指示ができるかが試されるのです。

この映像を投稿したプレイヤーは、他にもニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを走行したリプレイ(ウィンカーが機能しているのが確認できる)と車両選択画面の映像が画面越しの撮影映像を公開しています。

車両選択画面では、クルマ1台1台の性能が数値化されており初心者でも選択しやすいUIになっています。また今まで明らかになっていなかった「Gr.X」という最上位マシンクラスの存在が明ら