【Project Cars 2】Steamにてデジタル版の予約開始!日本語環境の対応は?

0 Posted by - 2017年6月29日 - Racing

9月22日に欧米地域での発売を控えているSlightly Mad Studios開発の本格レーシングゲームの最新作「Project Cars 2」。ディスク版の予約は6月頭には既に開始されていましたが、Steamでのデジタル版の予約も開始されました。勿論、日本からでも予約購入できます。

気になる日本語環境ですが、「インターフェース(メニュー画面など)」と「日本語字幕」が実装されています。これはディスク版でも同様と思われます。前作でコンソール向けに発売された「Project Cars GOTY版」の日本語版は、インターフェースの日本語フォントがイマイチという声が多く聞こえるので雰囲気を壊さないような日本語環境を期待したいですね。PC版であれば、起動前にプロパティで言語環境を簡単に変更できますのでもし日本語環境がしっくりこなければ英語環境で楽しめます。どちらかと言えば、モータースポーツの雰囲気をしっかり味わうなら英語環境をオススメします。英語の勉強にもなると思いますよ(笑)

通常版とデラックス・エディションの共通点として
「Japanese Car Pack」が付属します。この追加コンテンツには
・Honda Euro Spec Civic Type-R
・Honda Project 2&4
・Nissan Skyline GT-R (R32) Gr.A
・Nissan 280ZX IMSA GTX
が収録されています。

デラックス・エディションはこのパックに加えて
・シーズンパス(8台の追加カー、追加ペイント、追加キャリアイベント)
・The Motorsports Pack
が付属します。
The Motorsports Packには、欧米で活躍したレーシングカー4台が収録されています。
・Jaguar E-Type V12,Group44
・Panoz Esperante GTR-1
・Audi V8 DTM
・Opel Astra TCR

ディスク版の方がミニカー、設定資料など物理的な特典も付いてきますが、日本で発売される可能性は低く、個人で輸入しようとすると少々ハードルが高いです。そもそも日本での発売は決定していますが、まだその時期が未定なのでPC版の方は迷わず予約しましょう!

システム要件も公開されています。推奨環境はi7-6700KやNvida GTX 1080といったハイエンドスペックPCを要求しますが、おそらく4K環境でのプレイの推奨なのではないかと思われます。筆者はi7-4790にGTX 1070となっていますが、恐らくフルハイビジョンでプレイするなら問題ないと思います。

VR環境でのプレイであれば推奨環境以上で構成したゲーミングPCを導入しましょう!

最低動作環境:
OS: Windows 10 (+ specific versions of 7)
プロセッサー: 3.5 GHz Intel Core i7 3700, 4.0 GHz AMD FX-8350
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GTX680 or equivalent
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 50 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card

推奨動作環境:
OS: Windows 10
プロセッサー: Intel i7 6700k
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: NVidia GTX 1080 or AMD Radeon RX480
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 50 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card