ゲームアスリートやクリエイターにヘルスケアサポートを!『Team GRAPHT』に鍼灸師/e-Sportsトレーナー平松 燿氏が新たに参加!

1 Posted by - 2017年6月12日 - Team GRAPHT

MSY 株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:秋山昌也、以下MSY)が発足したプレイヤーとファンとの新たな関係性を作るために発足させた『Team GRAPHT』は、Health Cure Support -はり・きゅう治療所- 代表 平松 燿(ひらまつ よう)氏との契約を結び、体調管理やトレーニングに伴うケガの治療や疲労対策の他にも、集中力を高めるトレーニングなどを導入することにより、ゲームアスリート/クリエイターがより活躍できるようサポートしていくことを発表いたします。

<平松 燿(ひらまつ よう)氏略歴>
Health Cure Support -はり・きゅう治療所- 代表
公益社団法人 全日本鍼灸学会 会員
<所持国家資格>
厚生労働大臣免許 はり師 /厚生労働大臣免許 きゅう師

1993年 神奈川県生まれ。幼い頃から水泳競技に励み、全国中学校水泳競技大会出場など優秀な成績を残し、高校在学中まで水泳競技を続ける。その後、水泳競技で怪我をした際に受療した鍼灸医療の経験から「怪我で悩んでいる同じ境遇の人に何かできれば」という思いを抱き、トレーナーを目指し鍼灸医学への道を歩む。大学では一般鍼灸からスポーツ鍼灸、美容鍼灸の分野まで幅広く学んだ。
国家資格取得後は、東京有明医療大学附属鍼灸センターにおいて研修生として研鑽を積む一方で「Health Cure Support-はり・きゅう治療所- 代表」として様々な法人への訪問診療を行っている。
2016年度からは一般的な診療に加え、競輪選手に対するサポートも開始。特殊な環境に置かれているプロスポーツ選手の身体のケアや日常生活動作の改善、セルフケアなどの指導を含めたトータルでのヘルスケアを行い、選手が常に万全の体調で競技に臨むためのサポートをおこなっている。
また、多くの人々に鍼灸医学を知ってもらうために「自宅で出来る鍼灸治療」など健康をテーマに、講演などの広報活動を行っている。

<本人のコメント>
幼少期から水泳の選手育成コースに在籍し、選手として高みを目指し鍛錬を積んでいく中、学生時代に怪我を経験し、その際にうけた鍼灸治療をきっかけに、自身の選手活動や怪我を乗り越えた経験を活かせると思い、アスリートを支えるトレーナーの道を目指しました。
ある日、友人からの勧めでe-Sportsの世界大会をストリーミング配信で観戦したところ、「これはフィジカルスポーツと変わらない、新たなスポーツである」と感動をしました。興味が湧き自身で調べていくと、ゲームアスリートにおいても、勝利を得るために多くの配慮が必要であり、特にコンディショニングが重要であるという考えに至りました。
私は今まで学んだ鍼灸医療や、多くのアスリートをケアした経験を生かし、日本初となる「e-Sportsトレーナー」としてゲームアスリート/クリエイターのケア、サポートを行うのと同時に、はり・きゅうをより多くの方に知っていただけるよう活動をしていくつもりです。

Health Cure Support-はり・きゅう治療所-
https://www.hcsclinic.com/